安全対策

配送業務は24時間・365日と継続している為、出勤・退勤時に『業務報告・車輛・健康確認の点呼』を重視し、全ての時間帯に於いて行っています。

また、平成13年10月より『デジタルタコグラフと温度管理センサー』を、平成18年12月には『セーフティドライブレコーダー』を全車輛に装着し、省燃費・地球環境対策と交通安全マナーアップを意識し、商品にやさしい走行と信頼をお届けしています。

安全対策  24時間対面点呼と安全教育

【完全対面点呼】

当日の指示は当日から実行』を完全実施できる体制を堅持。

本日の睡眠時間や体調確認・所持品の検査等を各位個別に行い運行予定内容の確認や注意事項・昨日のヒヤリハット事例を伝達。

乗務員からは各位が宣言した『今月の安全目標を発声させています。

【点呼時の所持品チェック】

【点呼時の所持品チェック】

  • 名札
  • 運転免許証
  • トラックキー(2本)
  • イヤーホーン
  • 携帯電話
  • デジタルタコグラフ メモリーチップ
  • ドライブレコーダー メモリースティック
    (温度管理機能付)

【地域の交通事故発生原因と解析研修】

【地域の交通事故発生原因と解析研修】

季節に応じて発生する全国の交通事故事例を参考にドライバ―の心理状態や車輛の機能特性などを理解する講習会です。

全国トラック協会資料を参考に該当する車両に対して整備点検も含めて履修します。

交通安全マナー教育と交通KYT教育

【安全運転マナーアップ講習会風景】

【安全運転マナーアップ講習会風景】

プロドライバーとしての交通マナーを学ぶハンドルを握って発車前の一呼吸!
心のゆとりと譲り合いの精神で事故回避

DVD映像を見ながらの安全マナー講習会

【交通KYT研修】

【交通KYT研修】

交通危険予知トレーニングや社内ヒヤリハット事例を上げての危険挙動勉強会(事故発生防止)を定期的に実施しています。

年間教育計画表に基づいて資料作成同じ時間帯に勤務するドライバ―同志による事故未然防止探究の小ミーティングを実施。

安全パトロール車による交通指導

【安全パトロール車による交通指導】

定期的に幹線道路を走行し、交差点や狭路走行状態をチェックします。

交通規則は勿論、荷下ろし作業の基本ルールを遵守し、交通や労災事故をを未然に防ぐ指導をしています。

新規採用者教育とお助け緊急レス急隊

新規採用者の研修スケジュール

新規採用者は「新人教育マニュアル」に基づいて教育選任スタッフと同行しながら実技と座学をしっかり学びます。

新規採用者の研修スケジュール
新規採用者の研修スケジュール
新規採用者の研修スケジュール

お助けレス急隊

緊急整備は「レス急隊」が出動し、 応急処理と整備工場までの牽引作業までを24時間担当します。

お助けレス急隊
お助けレス急隊
お助けレス急隊
お助けレス急隊
お助けレス急隊
お助けレス急隊

バックアイカメラ と デジタコ・ドライブレコーダー

後方視界支援装置

狭い積込みヤードや暗い納品場所でも鮮明に確認できる大型カラーモニターを全車に搭載し、軽微な接触事故を防ぎます。

運行結果の検証

全車輛に搭載された温度管理付きデジタルタコグラフとドライブレコーダーを活用して、運行中の走行状態と危険挙動を察知します。
危険予知指導や走行または荷降し中の荷台の温度状態や無駄なアイドリングを確認します。
抽出したデーターは環境省へ削減対策として報告しています。

ドライブレコーダー

ドライブレコーダー

車輛に搭載された操作パネル

車輛に搭載された操作パネル

運行結果の検証


休憩施設と健康管理

<休憩施設>

<休憩施設>

労働改善基準を守る配車管理と、従業員が疲労した時にはいつでも休憩仮眠できるような施設を備えています。

<健康管理>

<健康管理>

怪我や体調不良を訴えて来た場合の常備薬は完備しています。


猛暑対策!冷却セット配布 

関東流通スタッフ、猛暑対策グッズでこの夏乗り切れ!

2016年8月3日の社内イベントで、「猛暑対策!冷却セット配布」として写真の瞬間クールスプレー とクールスカーフを社内スタッフ全員に配布しました。


安全標語表彰

2016年7月22日、関東流通サービス株式会社の交通安全標語を社内募集しました。
155作品の中から飯塚和仁さんの作品が最優秀賞として表彰されました。  

「思いやり 譲る心で 防ぐ事故」

交通安全標語の表彰